介護保険事業

介護支援センター(居宅介護支援事業所)

 介護や支援が必要な方が介護保険を利用する時は、介護支援専門員(ケアマネジャー)が介護計画(ケアプラン)を利用者本人と共に作成します。

 介護支援専門員(ケアマネジャー)は、利用者本人や家族の要望を聞き、心身の状態や生活環境を考慮し、その利用者が自立した生活を送れるようにするため、介護計画(ケアプラン)のアドバイスを行い、本人の自己決定による自立した生活を支援します。

訪問介護事業所

 利用者本人の自己決定により作成された介護計画(ケアプラン)をもとに、事業所からホームヘルパーが居宅を訪問して、身体や家事などの身の回りの援助をします。

  • 身体介護:食事や入浴、排泄の介護など
  • 生活援助:調理、洗濯、掃除、買物など

訪問入浴介護事業所

 利用者本人の自己決定により作成された介護計画(ケアプラン)をもとに、浴槽を積んだ入浴車で看護師・介護職員が居宅を訪問して、入浴介護を実施します。

ふれあいの家 わたしんち(通所介護・介護予防通所介護事業所)

 利用者本人の自己決定により作成された介護計画(ケアプラン)をもとに、介護が必要な方が、介護保険を使って「わたしんち」をご利用いただけます。

 古民家を利用した自宅の様な環境で少人数で1日ゆったりと過ごしていただきます。
体力づくりの軽体操、近隣への散歩や脳活性化等の創作活動に取り組み、入浴の希望にも添います。